身体の健康を保つ方法を知ろう│知っ得ヘルスマネジャー

残便感を改善

中年、残便感が残ってしまう

中年になると、おしっこの切れが悪くなります。 おしっこが終わったのに残便感が残っている。 おしっこが終わったのに、少し漏らしてパンツを濡らしてしまう。 このようなことが、たびたびありました。 年を取ってきたので仕方ないと思っていましたが、 やはり気持ちのよくないものです。 また、健康診断を毎年受けている方も多いと思いますが、 前立腺肥大になっている方は注意が必要です。 残尿感があると、気になるので頻繁にトイレに行きたくなることが 多いですが、通勤中の電車や仕事中など、トイレになかなか行けない 場合はつらくなります。 先に出た、前立腺肥大症は年齢が高くなることと、 ホルモンが関係して発症するようです。 若いうちは大丈夫なことが多いですが、40代になったら注意しましょう。

効果のあるサプリメントについて

残尿感が続くと、旅行などでバスや車に乗る場合、 仕事の会議が長引く場合など、心配になると思います。 このようなことを改善する方法として、残便感に効く サプリメントを使用するのをお勧めします。 ノコギリヤシはハーブなのですが、ハーブの付け根に のこぎりみたいなギザギザがあります。 このハーブは小さな実をつけて、その実のエキスに 男性の健康維持をする効能があるようです。 残便感がひどい人でノコギリヤシのサプリメントを飲むことで 症状が改善した人が多くいます。 前立腺肥大症の手術は大変ですので、まずはサプリメントを試してみる のも方法です。特に中高年の方にお勧めです。